新卒採用TOP > OTCについて

OTCについて

大阪チタニウムテクノロジーズの事業

私たち大阪チタニウムテクノロジーズは、1952年に日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功して以来、世界トップクラスのスポンジチタンメーカーとして業界をリードしてきました。また1960年にはもうひとつの主力製品であるポリシリコンの製造を開始。チタンとポリシリコンという現代文明を支える素材メーカーとして、航空宇宙産業やエレクトロニクス産業を中心に、高品質・高純度な製品を提供しています。

近年、チタン・ポリシリコンの用途はますます広がっており、当社に対する期待もますます高まっています。高性能化・軽量化等を進める航空機にはチタンが欠かせない素材になっていますが、航空機エンジン向けのプレミアムグレードと言われる重要部品用高品質チタンを提供できる技術を有するのは、当社を含め世界に数社しか存在しません。またポリシリコンでも半導体グレード品として求められるレベルの製品を製造できるメーカーは、世界でも限られており、今後更なる需要の拡大が見込まれています。

また当社は、チタン及びポリシリコンをベースにした高機能材料の開発・生産にも積極的に取り組んでおり、新たな分野への可能性を広げています。

より豊かで快適な未来社会の実現のために―。当社は世界トップレベルの技術と品質を有する素材メーカーとしてこれからも貢献し続けてまいります。

■チタン事業

チタンは「軽い・強い・錆びない」といった優れた特性を持つ夢の金属です。その特性を活かし、航空機をはじめ大規模発電所や石油化学・海水淡水化プラント等の過酷な条件下で使用される機械や設備の重要部品の材料として用いられています。また近年ではメガネフレームや時計、カメラといった一般製品や、人工骨、心臓ペースメーカー等の医療分野でも使用されており、今後ますます市場が広がることが予測されています。当社は独自技術の開発とノウハウの蓄積により、質・量ともにスポンジチタンのトップメーカーとしてお客様より絶大なる信頼をいただいています。

■ポリシリコン事業

当社のポリシリコンは主にパソコンやスマートフォン、デジタルカメラ等といったあらゆるデジタル製品に不可欠な半導体の基盤であるシリコンウェーハの材料として用いられています。半導体用ポリシリコンは極めて高い純度が求められますが、当社は自社開発の技術に様々な改良を重ね、半導体グレード品として世界トップレベルの品質(11N=99.999999999%)を維持し、製品を常に安定供給しています。

■高機能材料事業

チタンとポリシリコンはまだ歴史が浅く、まだまだ多くの可能性を秘めています。そうした可能性を引き出し、新用途開発品を世に送り出しています。高純度チタンは純度が4N5(99.995%)~5N(99.999%)で、主に半導体用のターゲット材として利用されています。また球状チタン粉末である「TILOP(タイロップ)」は、液晶用ターゲット材原料、金属射出成型用原料、3Dプリンタ材料として用いられ、今までチタンが活用できなかった小さな部品への利用を可能にしています。またSiO(一酸化珪素)は食品包装用としては業界No.1の実績があり、今後はリチウムイオン二次電池の負極材料としての応用が期待されています。

▲ページトップへ戻る

会社概要

会社名 株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ
OSAKA Titanium technologies Co.,Ltd.  (略称:OTC)
創業 1952年11月26日 沿革
資本金 8,739,620,000円
上場取引所 東京証券取引所 市場第一部
従業員数 777名(2016年9月30日現在)
上記のほか、臨時従業員が98名(年間平均雇用人数)在籍
代表者 代表取締役社長  杉﨑 康昭
所在地 本社・尼崎工場
〒660-8533 兵庫県尼崎市東浜町1番地
アクセスマップ
岸和田製造所
〒596-0016 大阪府岸和田市岸之浦町3番2
アクセスマップ
東京支社
〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目18番16号
住友浜松町ビル8階
アクセスマップ

▲ページトップへ戻る

トップポリシーとブランドスローガン

トップポリシー

  1. 1.私たちはお客様との長期的なパートナーシップを大切にし、お客様の発展に寄与することで私たちの成長を目指します。
  2. 2.私たちは常に「安定品質」、「安定供給」、「安定価格」を目指し、そのための最大限の努力を払います。
  3. 3.私たちは「安全」かつ「健全」な職場作りに力を注ぎ、全てのステークホルダーとの信頼関係を築くことで社会との共生を目指します。

ブランドスローガン

New Challenge Best Quality

このブランドスローガンは、「これまでも、これからも新たな挑戦と、最高の品質を求め続けていく」ことを意味しています。 具体的に「New Challenge」とは、困難な局面にも逃げずに立ち向かい、更なる発展のためにチャレンジすること、「Best Quality」は、従業員一人ひとりが、持ち場立ち場で最高品質の仕事をすることを通じ、お客様に最高品質の製品をお届けすることを目指すものであります。