新卒採用TOP > OTCの人と仕事 > 舟越 康二

舟越 康二

お客様の期待に一つひとつ応えていく。
その積み重ねの先に大きな達成感があるから、頑張れる。

ただ製品を販売するだけが営業の仕事ではない。

当社の主力製品であるチタンやポリシリコン、開発に力を注いでいる高機能材料は、その品質の良さから国内外問わず多くのお客様から高い評価をいただいています。特に、より高い品質が求められる航空機向けエンジン用スポンジチタンや大口径ウエーハ用半導体級ポリシリコンを製造できるメーカーは限られており、当社の努力次第ではこれからますますお取引先を増やしていけると私は考えています。

私たち営業部は、これまでのお客様との信頼関係をより密にし、長くお取引をいただくことはもちろん、まだお取引をいただけてないお客様にも当社の優れた製品を1社でも多くご利用いただけるよう、販売ルートの拡大に努めています。

メーカーの営業と言えば完成品や性能の決まった製品を販売するというイメージが皆さんにはあると思いますが、当社の営業はそうではありません。一例としては、まずお客様が自社製品を製造する上で当社製品に求める性能や価格を提示してこられますので、それに対してどう対応するかを当社の技術スタッフや品質保証スタッフと一緒に考え、サンプルを製造、客先での評価などを経た上で、様々な交渉を行った結果、成約に至るというプロセスの全てを営業が主体性を持って管理しています。

またお客様や当社社員といった多くの方々がこのプロセスに関わっていますので、それぞれの方に対して正しい情報発信・収集を行うハブの役割を営業が担いますが、ただ単にお客様が言っていることを現場に、また現場が言っていることをお客様に伝えるだけでなく、どう行動するのが最適か、自分自身で考えてしっかりと発信する、ここに当社の営業としての醍醐味があると私は感じています。

1社1社と深く向き合うのが、当社の営業方針。

就職活動を始めた頃の私は、特にどの業界で働きたいといった明確なビジョンがなかったので、いろいろな業種の企業の話を聞いて徐々に希望業種を絞り込んでいくことにしました。その中で気付いたことは、「業界でトップの企業には必ずトップである理由がある」ということです。何かしらの強みがあるからこそトップでいられる、そうした強みを持つ企業を探そうと思い、企業研究を進めた結果、当社と出会い、チタンをはじめとする各種製品の強み、そして将来性にとても興味を持ち、入社を決意しました。

入社以前から営業を志望しており、会社に入ったら毎日客先訪問で朝から晩まで走り回ることになるのだろうと思っていたのですが、実は当社の場合はそうではなく、特定のお客様とより密接にコミュニケーションをとりながら、お客様が求めるものを作っていくという営業スタイルでした。最初は少し意外に感じましたが、1社1社のお客様を大切にする当社の営業方針のほうが私には合っているとすぐに感じるようになりました。

今は主に海外のお客様を担当していますので、アメリカや中国や韓国へ海外出張に行くことがあります。またお客様が日本に来られることもありますので、その時は日本でお会いすることになります。営業部の拠点は東京、製造部門は本社と岸和田製造所と物理的に距離がありますのでなかなか直接会って打ち合わせ等を行うことが難しいのですが、TV会議システム等を利用して綿密にコミュニケーションを図りながら、会社全体でお客様のご期待にお応えできる体制を整えています。

責任は大きい。しかしその分達成感も大きい。

営業は会社の業績を直接左右する、とても責任の大きい仕事です。お客様が製品を購入するにあたって重視するのは品質とコスト、そして提案力。この提案力は我々営業に全てかかっているといっても過言ではありませんので、お客様が今何を求めているのか、そしてどうすればその要望を実現できるのかと常に考え、行動するよう心掛けています。それと併せて営業はお客様のことについて社内で一番詳しい存在でなければなりません。そのため、覚えないといけないこと、勉強しないといけないことは本当に山のようにあります。そうした未知の分野や事柄に対して学び続けることのできる向上心や好奇心の旺盛さが営業に求められる素養だと私は思います。

また営業と言えば結果=数字が常に求められます。当社の営業は個人に目標が与えられるのではなく、グループ全体で目標を共有し、全員達成に向けて取り組んでいます。そのためでしょうか、部内の人間関係はとても良好で、皆が自分の能力を最大限に発揮できる風土があるように感じますし、またお互いがお互いを意識し合い、時には助け合えるしっかりとしたチームワークがあることが当社営業部の自慢です。求められる仕事のレベルはとても高く、毎日がチャレンジの連続ですが、やはり結果が出せたときの達成感はとても大きく、またそれが個人ではなくグループ全体で共有できますので、その達成感がさらに大きなものになるというのが当社の営業の一番のやりがいだと私は感じています。
私はまだ今のグループに異動してから日が浅く、まだまだ半人前の存在ですが、自分ができる仕事の幅をもっと広げることで、会社からもお客様からも評価されるような実績をひとつでも多く積み重ねていきたい、そしてグループの仲間に貢献していきたいと考えています。

就職活動をされている方へメッセージ

就職活動で大切だと私が考えることが2点あります。1点目は、「『ワクワクすること=自分の芯』を見つけてほしい」ということ。私は当社の工場見学に訪れて工場内を見たとき、素直に「すごい!」とワクワクしましたし、自分自身が製造現場やものづくりに強い興味を持っていることを認識しました。就職活動は、自分が本当は何に興味があるのかを考えるとても良い機会ですし、自分の芯が見えれば、本当に携わりたい仕事も見えてくると思います。またもう1点は、「イメージで会社を捉えるのではなく、実際に質問をする等、なるべく具体的に情報を掴むようにする」ことです。例えば営業とひとことで言っても、会社によってスタイルや方針はまったく異なります。ただそうした情報はホームページや説明会だけではなかなか得ることができませんので、例えばOB・OG訪問をしてみたり、説明会に行ったときに積極的に質問してみることで、その会社の仕事のイメージを具体化する作業をするようにしてください。また、そうした活動を行うことで社員の方がどういう対応をするのか、あなたがどういう印象を受けるのかも会社選びの重要な要素になると思いますので、受け身の情報収集だけでなく、ぜひ主体的、能動的に活動するようにしてください。そうした経験がきっと社会人になってから役に立ちますので、ぜひ頑張ってください!

What's your next OTC あなたの考える、次の時代のOTCとは
過去数年間で行ってきた取り組みが結実し、更に成長していく。

ある一日のスケジュール

09:10 出社・メール確認、処理
 
10:00 製造部門と打合せ(TV会議)
 
11:00 客先提示資料作成
 
12:15 昼休み
 
13:00 資料内容確認
 
14:00 客先訪問、打合せ
 
16:00 報告書作成
 
17:00 メール確認、処理
 
17:40 退社

Career profile

  • 2011年入社、営業部チタン国内営業グループに配属。(営業企画調整グループを兼務)
  • 2014年7月より半導体・高機能材料営業グループに異動。

私の担当業務

私が所属している営業部は、当社の製品を国内外のお客様に提案・販売する部署です。扱う製品によってチタン営業グループと半導体・高機能材料営業グループに分かれており、私は現在半導体・高機能材料営業グループに属しており、主に海外のお客様に対して高純度チタンビレットや半導体級ポリシリコンの販売を担当しています。また当部にはもうひとつ、お客様から収集した情報や、国内外のマーケット情報を集約し、会社の営業方針の判断材料となる資料の作成等を行う営業企画調整グループがあります。

OTCの人と仕事 一覧ページ