環境負荷低減活動

2030年、2050年
カーボンニュートラルの
取り組み

2030年、2050年
カーボンニュートラルの取り組み

2020年10月、日本は「2050年カーボンニュートラル」を宣言しました。温暖化への対応を、経済成長の制約やコストとする時代は終わり、国際的にも、成長の機会と捉える時代となっています。

当社は、政府の方針に従いカーボンニュートラルの達成に取り組んでまいります。

2050年目標

カーボンニュートラルに挑戦します。

2030年目標

2030年度に2013年度比で46%削減を目指します。

取り組み

当社は、これまで積極的な設備投資により、さまざまな省エネルギー・CO2削減対策を講じてきました。
今後、供給電力の再生エネルギー比率増加により供給価格の上昇リスクが想定され、省エネルギーに関する技術開発は歩みを止めることなく進める必要があります。
2050年カーボンニュートラル達成のために、再生可能エネルギーの導入、蓄電池、水素の活用などの技術開発、又、二酸化炭素の回収活用を主眼としたCCUS※1、DAC※2技術開発などの開発が進められております。当社は、これらの開発の動向を的確に把握し、技術導入、設備導入を実行することにより、カーボンニュートラルに向けて取り組んでまいります。

※1 CCUS:二酸化炭素回収・利用・貯留
※2 DAC:大気中の二酸化炭素回収

また、チタン、高機能材料などは、高耐食性・高寿命・軽量の特徴を有しています。航空機、半導体、情報通信、エネルギー、化学プラント等様々な産業分野に製品を提供することで、二酸化炭素排出抑制に貢献しており、これからも継続して取り組んでまいります。

上